blog non grata

人生どうでも飯田橋

障害を抱えてるのは障害者ではなく社会の方

  運動会の競技種目のひとつに障害物競走というのがある。レースの所々に障害物があり、それをクリアしていくやつ。その意味でいう「障害」と、いわゆる障害者の「障害」は、意味は同じはずなのに、主客が入れ替わっている。障害者は障害物競走で言うのであれば、ランナーの方で、社会が障害物だ。障害者に気を使って「障がい者」というポリコレ表現が使われたりするが、これは本当は障害者に気を使っているのではなく、障害をクリアできていない社会に気を使っているだけではないか。障害を抱えているのは社会であるということを見逃してしまう。社会こそがこの問題を解決しなければならないということを忘れてしまう。

 障害者といわゆる健常者というものは明確に区分されるわけでもない。人はみなどこか障害者の要素がある。たまたまその障害が今の科学で対処可能で、とてもマジョリティのものなので、社会で解決されているに過ぎない。たとえば僕は厚生労働省の定義において、障害者には該当しないが、非常に眼が悪く、眼鏡やコンタクトレンズがなければ、かなり近くの大きな文字も判別ができない。たまたま同じように目が悪い人間が多く(つまり眼鏡やコンタクトレンズを製造・販売することがビジネスになる)、現代科学で解決可能な種類の障害であったために、不自由なく生活できているに過ぎない。

 二足歩行で、耳が聞こえて、普通に言葉が話せる人間が、なんとなく標準であって、それ以外の手がなかったり足がなかったり、聴力がなかったり、自分の考えてることをうまく言語化できない人間がなんとなく障害であるとされているが、そもそもこれは単なるマジョリティとマイノリティの差でしかない。もしも人口の99.9%の足がなく、たまたま足がある人が0.1%しかいない社会だったら、誰も足がないことを「障害」とは言わない。むしろ沢山の車椅子が発明されているだろうし、世界は車社会ではなく車椅子社会になっていてもおかしくない。高速道路でビュンビュン走っているのは車ではなく車椅子かもしれない。

 コラムニストである伊是名夏子氏が、JRで車いすは乗車拒否されたということがニュースになっていた。(https://www.j-cast.com/2021/04/05408842.html?p=all

 事前にJRに伝達ができていなかったので、その点で女性に瑕疵があり、責められるべきなのかもしれない。いやいや。仮にそうだとして、瑕疵があるのは社会だ。そもそもなぜ伝達というコストをわざわざ女性が払わねばならないのだ。補助を使わずに歩ける僕ら多くの人間はわざわざ駅に電話して「2時間後に駅に行きますので」なんて当然言う必要はない。ふらっと出かけてすぐに電車に乗ることができる。たまたまマジョリティの身体のつくりをしているおかげで。いったん乗車を拒否せざるを得なかった末端の労働者を責めるのも、車椅子の女性を責めるのも甚だ見当違いで、克服できない社会構造に問題がある。エレベーターが少なく、車椅子専用ロードがない、あるいは階段を歩くことのできる車椅子がない社会に問題があるのだ。車椅子がロボットみたいに変形してときに歩き、ときにローラーで動くことができればなんの問題もないはず。

    もちろん現状の科学技術や社会のしくみ、予算を考えたらどうなんだ、ということはある。じゃあどうすればいいのかと言われると分からない。僕の言っていることは現実とは大きく乖離した単なる妄言であるし、現実の社会をよりべんりにすることに直接寄与しないものかもしれない。少しずつ良くするという意味で、現実的な解決案を模索するというアプローチは別で必要だろう。しかし、そもそも障害を抱えているのは社会の方なんだ、という認識を忘れないためにあえて妄言のようなものを書いた。

  

生殖の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)

生殖の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)

  • 作者:小泉 義之
  • 発売日: 2003/05/14
  • メディア: 単行本
 

自動車ではなく車椅子で埋められている社会というアイデア小泉義之『生殖の哲学』から。まじでオモロイ。

 

不健康増進

 せっかく医療が発達してきているのに、どんどん健康志向が強くなっていってよくない。「健康」を目的にするのではなく「不健康でも元気」の方向に向かってほしい。なんのための医療発達だよ、と思う。「1日50本毎日タバコ吸っても90歳まで元気です」とか「毎日豚骨ラーメン食べてるけどサプリも飲んでるから身体は丈夫」とかそういう方向に向かうべき。「足がないけど、義足があるからむしろ足がある人より速い」というのも近いと思う。(だからオリンピックなんてやめて全てパラリンピックに統合したらいいと思う。パラリンピックでOK。パラリンピック最強。)医療が発達しているのに、なぜか近年は不健康が忌避される方向に向かっていってると思う。ヘパリーゼ万歳。

ちにく

水野しずは独特の言葉遣いをする人だけど、それに合わせて相手も独特の言葉遣いをしようとしていて、しかし「独特」というひとつのものがあるわけではないので(あたりまえ)、「独特」と「(ファッション)独特」が噛み合ってないということがよくある。血肉となった言葉じゃないと伝わらない気がする。

 

血肉って「けつにく」と読むらしい。ずっと「ちにく」だと思っていた。

パンだけでなく、バラも。

 いま必要なのは贅沢であり、不要不急であり、不真面目であり、無意味であり、公正さの押し付けに対する抵抗だ。それは、外食であり、旅行であり、本であり、音楽であり、映画であり、笑いであり、スポーツであり、キャンプであり、タバコであり、路上飲酒であり、馬鹿騒ぎであり、全ての嗜好だ。これらは感染拡大防止の対策をとって行われると尚良い。しかしそんなものは些末なことだ。全ての嗜好のために我々は生きることが必要であり、そのために感染症対策があるに過ぎないからだ。この順番が逆になっている人がいるが、それは家畜だ。嗜好があることは前提であって、それが侵犯されることはあってはならない。生存のみに価値をおく国家の家畜でないのであれば、我々はただパンを求めるだけでなく、バラも求めなければならない。感染症対策よりもっとずっと大切なものがたくさんある。この国の為政者たちによって、緊急事態という名目のもと、それらは取り上げられようとしている。そしてもはや感染症とは関係ないものにまで及んでいる。この流れが加速すれば、もし収束したとしても、我々はただパンだけを供給される家畜のようになり続けるだろう。今の事態は戦時中となにも変わらない。挙国一致、国家総動員なんて私は御免だ。

 

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)

 

 

 

京大くん

 褒める文脈であれ貶す文脈であれ、属性で判断され何かを言われるのは、ケースバイケースだけど、イラッとすることが多い。舐めんじゃねえよ、と思う。少しボケみたいなことを言うと「また京大生がなんか言ってる」とか「京大生に言われたらそれが正しいのかも」みたいな反応をされることが多い。馬鹿にするような感じでもないのだけど、あまりいい気持ちはしない。

 「京大生としての俺ではなく、俺そのものを見てくれ」なんて言うつもりはない。というかそんな純粋な存在としての自分というものはあり得なく、それを想定するだけ無意味というもの。

 ただ、彼らに言わせると僕は「変わっている」らしく、「変わっている」=「京大生」という浅はかな等式のもとで喋ってくる感じがするから、いやな感じがする。僕が日大くんとか明治くんとか言ったら明らかに嫌味だと認識されるだろうが、京大くんだって同様に嫌味であるということをわかってほしい。(※京大くんと呼ばれているわけではない。)ある意味では京大の中でも「変わっている」と思うのだが、つまりは僕みたいなやつがいっぱいいるわけではないのだが、そういうことはいくら口で言っても伝わらない。どうしたものか。

 

熱き星たちよ

 ベイスターズが衝撃的に弱いが、なんだか自然といやな気持ちはしない。もちろん悔しい気持ちもあるが、あの頃のベイスターズが帰ってきたという感じがしてちょっと面白い。ベイスターズを一番応援していたのは2007年から2013年あたりで、牛島監督時代から、DeNAになり中畑監督が就任した初期の頃までだ。これは多分に認知バイアスがあるんだろうとは思うが、あの頃はかなり面白かった。特に6年ぶりに最下位を脱した2013年のベイスターズ(64勝79敗の5位)はプロ野球史上最も面白いチームだったし、あの一年だけ所属していたナイジャー・モーガンプロ野球史上最も面白い外国人選手だった。

 それ以降は横浜を離れてしまったのでスタジアムに行く機会も減った。一方でベイスターズは強くなった(弱くなくなった)。ドラフトで指名する大卒投手がすぐに活躍し始めたり、主力が放出されても生え抜き選手が穴埋めしたり、同じベイスターズとは思えなかった。優勝争いこそできなかったが、2015年は12連敗する直前までは首位を疾走していた。次の年はCSにも出たし、その次の年は日本シリーズソフトバンクとも善戦した。

 ところが久々に神奈川に戻ると、だんだん弱くなっていき、今年は再び最弱チームになっていた。打者ひとりひとりはそんなに悪くないけど、点は大して取れないし、先発陣が壊滅的というのもあの頃とそっくりだ。弱いチームは全てそんなもんなのかも知れないが。

 あの頃は毎年「今年の横浜は違う」みたいなことを言われていたが、毎年同じだった。加賀美と眞下がいれば10年は先発陣は安泰だと思っていたけど、加賀美は通算5勝しかしなかったし、眞下はプロ初先発初勝利が最後の勝利だった。日本ハムからグリンをとった時は、日本シリーズでも投げてるめっちゃ大物が来た!と思ったけれど、3勝15敗だった。巨人から尾花ピッチングコーチを招聘して、ロッテから清水と橋本将と早川が来て、日本ハムからスレッジが来たときは、こんなに大補強して優勝しちゃうんじゃないのかと思ったけど、結局ダントツ最下位だった。内川が去った2011年は、もはや「今年の横浜は違う」とも言われなかった。あんまり記憶がないが、調べてみるとWikipediaに「4月は5勝10敗の借金5と健闘するも」と書いてあった。それは健闘しているのだろうか。

 でもあの頃の一勝は優勝してるのと同等くらいに嬉しかった。(まあ、物心ついてから優勝を経験したことがないのでそんな喜びは知らないのだが。)当時生まれた「横浜優勝」という言葉もそんな自虐からきている。どんな大逆転を許しても、ひどいエラーで負けても、たまに来る勝利はそのぶん格別だった。浜スタで見たクルーンから打ったハーパーのサヨナラ満塁ホームランは忘れられない。あの一勝があれば何連敗したっていいと思えた。これがあるからこのチームのファンをやっているんだと思えた。またそういう一勝がまた来ればいいと思う。いやもちろん優勝してほしい。してほしいけど。

f:id:lassiorchai:20210425190654j:image

横浜・ハーパー 逆転サヨナラ満塁弾 2010/07/18 - ニコニコ動画

 

 

もう同じことしか言ってない

 酒の提供を禁止だとか、8時以降街灯は全て消灯だとか、もう完全に箍が外れてしまった。小池吉村の政治的パフォーマンスはさすがにしんどい。「なんとなく緊急事態宣言かな、まあとりあえずgotoかな、色々言われたからやっぱやめよう、オリンピックもとりあえずやりたいし、じゃあマンボウかな」というなんのビジョンもない無能で消極的な日本政府よりも、積極的に殴りにきてる彼らの方がよっぽど酷い。まあどんぐりの背比べだけど。こういうある種の思想というのは趣味みたいなものなので、「監視と処罰ですか?いいですねー、お願いしまーす!」みたいな考えの人もいて当然だとは思うけれど、有事にどこまで人間の自由を制限していいのか、という議論すら全然出てこなかったことが嘆かわしい。僕はそういうアガンベンみたいな批判をしている日本の政治家をほとんど見たことがない。メルケル首相はちゃんと言及していた。そういう意味では、野党が緊急事態宣言を要求した時に「私権を制限するので慎重な判断が必要」と言っていた安倍前総理の方がマシだった。「コロナはよく分からないし確かに怖いけれど、それでも人間には根本的に移動の自由や集会の自由があってそれは侵されてはならない」という、すごい素朴で当たり前のことが全然言われない。緊急事態宣言への批判であっても、結局、感染拡大防止と経済活動のトレードオフの関係を論じるものばかり。「経済活動をストップした方が長いスパンで見ると人が死ぬからかえって損」みたいな感じで、人間そのものの自由については俎上にすら乗らない。そうでなければ「コロナは風邪」などという非科学的な陰謀論に依拠せざるを得なくなっている。

 なんだかこの一年くらい同じことしか言ってない気がする。